専門医へ誰でも診察へ行く時代

popular post

  • 体の不調サインを確認

    甲状腺の病気には多くの症状が有る 甲状腺は人の身体に取って欠か…

    » 続きはコチラ

  • 病院へ行くべき症状

    早めの治療が大切 甲状腺は、身体のホルモンバランスを整えている…

    » 続きはコチラ

  • 専門医へ誰でも診察へ行く時代

    若い方から年配の方まで気をつけて 甲状腺は主に海藻に含まれるヨ…

    » 続きはコチラ

若い方から年配の方まで気をつけて

甲状腺は主に海藻に含まれるヨウ素をもとにして新陳代謝に必要な甲状腺のホルモンを作りだし血液中に分泌するところです。場所は、首の前方ののどぼとけの下に位置します。
甲状腺の病気は自己免疫疾患が多い女性に発症することがよくあります。自己免疫疾患とはもともとある正常な細胞に対して敵とみなし問題を起こして自己免疫が機能しなくなる疾患です。
甲状腺の病気は異常、炎症、腫瘍の3種類がありますが、異常とは甲状腺機能が亢進してホルモンが過剰になる状態でバセドウ病にあたります、特に若い方の発症が多いようです。炎症とは慢性の炎症を起こしホルモン不足になる状態で橋本病と言われています、橋本病は若い方から年配の方まで発症します。
この二つの病気は他の疾患と間違いやすい症状がでることがよくあります、全身の疲れやだるさ、気分の落ち込みやイライラ、血糖値が上がるなど、更年期や精神疾患、貧血や糖尿病などです。
調子が悪いからと婦人科や内科、心療内科などにいっても改善しない場合は一度専門の内科、内分泌代謝内科などで検査を受けてみるのもいいと思います。甲状腺の病気は完治することは難しいみたいですが、日常生活に支障のない状態にまでもっていけるみたいです。治療内容は投薬、放射性ヨウ素、手術などがありますが、主に投薬になることが多いので怖がらずに検査に行くことをおすすめします。

甲状腺の検査をするなら専門のクリニック

甲状腺は人間の喉ぼとけのちょっと下あたりに存在し、チョウチョウのような形をしている内分泌器官のことです。一見すると小さくて目立たない器官であるため、それほど重要な器官ではないように見えますが、実は人間が生きていく上では欠かせないホルモンを分泌している器官なので重要な役割を担っています。
甲状腺が生み出すホルモンは新陳代謝の活性を促しており、このホルモンが少なすぎると、気分が落ち込みやすくなり、多すぎるとイライラするなど感情が高ぶってきます。つまり少しでも分泌量のバランスが崩れるだけで、体に様々な影響を与える器官なのです。
甲状腺のホルモン量に異常が出やすいのは更年期を迎える女性に多いと言われています。実際、更年期と甲状腺異常は混同されることが少なくありません。そのため、体の様子がどうもおかしいという中高年の女性は自身の甲状腺について一度きちんとした検査を受けてみるといいかも知れませんね。甲状腺の検査は全国の大学病院にある内分泌科に行くのがいいのですが、その他の選択肢として、甲状腺の治療を専門的に行うクリニックも存在します。目的がはっきりしている場合なら、専門に特化したクリニックを選んだ方がより詳しく、より正確な診断をしてくれるでしょうから、もし体の不調が気になるのなら一度行かれてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C)2017 体の不調が気になったら甲状腺のトラブルかをまずチェック All Rights Reserved.